« 小さな手には | トップページ | 本能をかきたてられるもの »

『歩いても 歩いても』

まだ本を読み切ってなかったけど、DVDが出たので夫と観る。

こはが生まれる頃に公開だったので映画館に行けず、夫が「すごくいい!一緒に観たい!」って言ってた映画。たしかこはがGCUに検査入院することになった日にたまたま夫がパンフレットを持ってて、夜にすることがなくて読んだなぁ。

臨月まで映画を観にいってたけど、これは「たみおのしあわせ」とどっちを先に観に行くか迷って後回しにして観れなかったから、半年ぐらい観たかった映画。

そういえば映画館にいくとおなかの中でこは(当時ぽんちゃんと呼んでいた)がよく動いたなぁ。なぜか一番動くのは予告のとき。本当にびっくりするぐらいずっとずっと暴れまわってたのは「百万円と苦虫女」。森山未来が出てきてからラストまで、みぞおちをずーっとキックキック!そんなに長いこと動いてたのはあの時だけやったなぁ。。

それはさておき、映画はところどころうとうとしちゃったけど、ああ、ありそう、と思った。日本の家族っぽい。

今度はちゃんと起きて全部観ようっと。

« 小さな手には | トップページ | 本能をかきたてられるもの »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156531/27474733

この記事へのトラックバック一覧です: 『歩いても 歩いても』:

« 小さな手には | トップページ | 本能をかきたてられるもの »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ