« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

水で炒める

テレビでマクロビオティックの先生が「油の代わりに水を使って炒める」と言っているのを聞いた。そこしか見ていなくてちゃんと話は聞いてないけど、とりあえず真似てみた。

人参とか葉っぱとか炒めてみた。初めに油の代わりに水を入れて茹で炒めるかんじ。途中で水分が飛びすぎたらちょっと水を足して調理を続ける。

テフロン加工のフライパンなら問題なさそう。

油も必要だろうけど、発達中のこはにはまだあまり濃い味付けとか油分はちょっと…。

これなら味付け前に取りわければ、こはにも食べさせられそう。

指さし確認?

今朝は一家で朝寝坊。

急いで着替えようとしていると、こはが後ろからはいはいしてきて、ぺたっとしがみついてきた。かわいい!でも保育園に遅れちゃう!

振り返るとこはは人差し指でおっぱいを指さしてきた。

おなか空いたのかずっと指さしてるし。ひとまず服を着るとちょっと怒りながら指を差し続けるこは。

まだ言葉では伝えられないけど、そうやって気持ちを伝えてくれることはとっても嬉しい。

たかのっちと私

たかのっちと私
ベビーカー嫌いのこはが、しばらくベビーカーに座ってくれるのは「たかのっち」のおかげ。

「たかのっち」はドイツ生まれの木製のネズミ。鼻を押せば、きゅっと鳴く。

こはのツボは耳で、黙って指先で耳をつまんだり、撫でたりし続けてることも多い。

心のより所、たかのっち。もう少し頑張ってこはの興味を引き続けてくれたらすごい。

ベビーカーからの脱出法を発見してしまった彼女をしずめてほしい。。

叱る

こはがいけないことをしたら叱る。

悪気があっていけないことをしているわけじゃないから、危険なこと、相手が痛いことをした時ぐらい。

小さい子相手でも、だめとかいけませんだけ言っていればいいわけじゃないらしい。「危ないからだめよ」とか「痛いからやめて」とか理由を言わなければ、どうしてだめかが分からないから。

でもこはのお友達は「めっ!」と怒られたら泣きマネをする=怒られてるとわかっているのか?と思い、一度こはにも叱るべき時に「めっ!」と言ってみた。

訳がわかったのかわからなかったのか、こはは目を見開いて、口を曲げながら「うわ~」と逆切れ?

おそるべし、我が子。

初花火!

初花火!
こはを連れて花火を見に行く。

初めての打ち上げ花火を見たこはは、びっくり&興奮。

うわぁ…って見とれてた。


ぽつんぽつんと上がるから、もっと見たくて何回も「おねがいします」と頭を下げる。

ばんばん上がるのを見て歓喜!


その後も初めて見たものと、それがどうやったかを話すようにずーっとおしゃべり。


私は聞き逃したけど、今日はばんばーんって言いながら起きたらしい。五時にはスイッチオン状態で起床。たくさん遊ぶ。…お手柔らかに。。

きゅん!

こはは「おちゃーちゃん(お母ちゃん)」を覚えたよう。

11ヶ月になった日に呼ばれて、その後何回か呼ばれる。

でもなかなか難しい言葉だから気のせい?親ばか?という念が消えず、なかなか「呼ばれた!」と言い切れない。

お座りができるようになって、すがるような格好でもたれかかられることが多くなった。

今日も何回か「おちゃ~ちゃん!」と呼ばれた気がしたけど、どうだろう…と思ってると、妹の前で私にもたれかかりながら、私を呼んだこは。

「今、お母ちゃんって言った気しない?」と聞いてみると「言ってるやん!」と認定を受けた。おちゃ~ちゃん連呼されてもなかなかピンとこなかったけど、もっと喜ぶよ!

そして他にこはがよく言う言葉が「いたいいたい」。

多分こはが噛みついてきた時に「いたいいたい!」って私が言うから、不快=いたいと思ってるみたい。

こはが危険なことをしようとするのを止めると「いたい!」

気に入らないと「いたいいたい!」と言う。

DVDで遊んでて、光に「あそんじゃだめよ、こわれるよ」と取り上げられて、泣いて怒りながら「いたいいたいいたい!!!」こはに何が起こったのかと母がのぞく。母も「何が痛いの!」とあきれ顔。

「ばいばい」と言われたらたまに「ばいばいば~」とか返したりもしておもしろい。

「おちゃ~ちゃん」、「いたい」、「ばいばいば~」はまあいいとして、何故か「いやじゃ」もよく言う。家で誰も「いやじゃ」なんて言わないけど?

こははよくおしゃべりするなぁと見守ってるけど、ほんとにおもしろい。

寝どころを定める

こはを寝かしつけるとき、そぉーっと布団の上に置いても、大体寝返りを打つ。

1回で済む時はすーっと眠ってくれる。

寝付けない時は何回も何回も寝返る。一度は眠ったはずなのに!

ころころころころ六畳の寝室を寝返り移動して、押入れの襖にぶつかって、下手をすれば寝帰りの勢いでマスターしたてのお座りをしてしまう。

こうなるとついには寝室を抜け出して、徘徊が始まる。

なかなか寝ない!

眠いならすんなり眠ってほしいなぁ。

寝どころが定まらないこはの姿がおもしろくって笑っちゃうけど。

なるほど!

夫に「皆既日食だから、むやみに空を見ないように。」と言われていたのに、すっかり忘れてた。

7~10日間分の食材を買出しに市場に行った帰り、やけに暗いな…雨でも降る?と急いだ。

お互い自転車で友達とすれ違ったけど、大荷物のため立ち止って振り返れず、そのまま突進して帰宅。

せかせか食材を片付け、掃除をしてばたばた。

そうしてテレビを付けて、ようやくそういえば日食やった!と気付く。

日常で太陽の出ていない夜は、当たり前のこととして毎日やってくるから気付かないけど、やっぱり太陽ってすごいんやなぁと思う。ちょっと隠れたからってあんなに暗くなるとは。

そんなことに思いをはせていると、急に蝉が鳴き出した。

偶然日食を見た母は興奮気味。携帯のカメラで撮ろうとして、老人に「そんなものは生で、自分の目で見なさい」と注意されたらしい。

ちょっとぐらい空を見上げてみればよかったかも。人に目が悪くなるから空を見るなと言った夫はちゃっかり会社の屋上から見たらしい。

えいや!

台所にいると、こはの威勢のいい掛け声。

えいや!えいや!と。

振り返ってみると、つかまり立ちしてた~!

11ヶ月になった記念日に初めてのきちっとしたつかまり立ち。

そしてこっちに向かって数回、「おちゃ~ちゃん!」「ちゃ~ちゃん!」、夫に向かって「とぉ~ちゃん」と。…呼んでくれた?

かわいいひざまくら

ちょっとした時に、こはが正座みたいな座り方になるときがある。

太短いあんよがかわいい。

ちょっとひざまくらをしてもらう。即、髪の毛をむしられて終了。

あたたかい眼差し

この頃、つかまり立ちは難しくても、立て膝ぐらいはお手の物のこは。

手が自由に使えるので、たくさんいろんな物を持って遊ぶ。おもちゃじゃないものにももちろん手を伸ばす。ボタンを押す。手に届くところに置く方が悪い。

よく動けるようになった一方で、思い通りにいかないことも多い。触ろうと思ったものを取り上げられる。思い通りに動けない。勢いあまって転んだ。そうして癇癪を起こす。

顔なんかはぽちゃぽちゃを脱して、ちょっと締まってきたけど、本気泣きの時の顔は生まれてすぐの時とそう変わらないなと観察してみたりする。そしてはっとしてあやしたりする。

ひとりで少しの時間なら遊べるようになって、手がかからないようで、以前とは違った手のかかり方になったという感じ。

先日こはが一人で遊んでくれているうちに洗面所にいたら、夫もたまたまやって来て、遠巻きにこはを見てた。そして微笑んで「なんか、いいな」。こはは熱中してちゃぶ台の上のもので遊んでた。その後ろ姿が、確かにとってもいとおしい。

夫と二人で「うん、なんかいい」と言い合う。

その視線に気付いたのか、こはは振り返ってにこっ!

穏やかなことがいちばんやね。

おねだり上手

自己主張の激しい娘、こは。小さいながら、はっきり感情表現をする。

今日はひさびさにぶらぶらお買いもの。雨のため、こははスリング。重い!

こはの服を見ていると、触ろうとしたり何やら主張したり。数枚買ってお店を出る。

そして本屋さんへ。赤ちゃん用の本を見ていると「あーあー」言いながら、本をばしばし叩く。もともと買ってあげようかなと思って見ていたものだし購入。

そうしてこはのものだけ買って帰宅。

「こはがこれ見て笑ったから」「これ見てあーあー言ったから」とかで買ったものが沢山。

赤ちゃん連れの買い物は体力を使うので、自分のものまで見て回る体力がなく。結果こはのものばかり増えていく。

記念日

昨日は結婚式記念日。

入籍は付き合い始めた記念日にしたけれど、結婚式は会場が空いている日の中から探したので、これといった思い入れはもともとない日。

あれから2年かぁ、あっという間。

挙式をあげていた時間の丸2年後に、いたずら娘が水遊びした後片付けをすることになろうとは。不思議。

夫は仕事やし、特にこれと言って変わったことはせず。晩ごはんもひじきバーグと至って地味。

仕事帰りの夫と待ち合わせ、こはと3人でケーキ屋さんへ。あれやこれや言いながらケーキや焼き菓子を買う。こは用にプリンも。

そしていつもの珈琲屋に行って和む。

ケーキを食べる前に夫がそごそ趣味の自転車のタイヤ交換。なんか必死。

そうして結婚2年の初めての共同作業はタイヤ交換。とりあえず手を貸して、無事日付が変わる前にケーキを食べる。

地味ながら平和に結婚生活送れればいちばんかな。

『ゆずゆずり』

今日やっと読み終わった「ゆずゆずり」。

存在は知っていて、なんとなくおもしろそうと思ってたら、夫が「みーさん(私)が好きそうやったから買ってきた」と言って買って来てくれた。ちょこちょここはの眠ってる隙に読んで、やっと読み終えた。

淡々と日常を切り取った、エッセイのような、小説のような。

そうそう、それ、私も思ってた。というような細かい事々を、この本の主人公、シワスも考えていたりする。別に口に出すようなことでもない些細なこととか。

静かでおもしろかった。

会話に参加?

今日、行きつけの喫茶店でこははずっとお喋りしてた。

むにゃむにゃ、あーあー、文字には表せない言葉。

そして急に私たちの会話に入ってきた、ように聞こえた。

「こはが“だっ!”を覚えた…云々」という話をしていると、喫茶店のおばちゃんが「こはちゃん、偉いなぁ」と誉めてくれた。すると…

こは:「うん」

私:「うんって言った?いいこと言ってもらうとよく聞いてるね」

こは:「ちがうわ」

タイミングが良すぎておもしろい。本当にわかって言ってるかのよう。

むにゃむにゃたくさんお話しするこはやから、これからもたくさん笑わせてくれそう。

いないいない…だっ!

こはから、初めて言葉での働きかけがあった。

今までも「これは言葉?」という感じのはあったけど、今回は繰り返し繰り返しなのできっと確実。

それは「だっ」。殆ど息みたいな小声で言うことが多い。

いないいないばぁの、ばぁの部分。

先週の木曜日ぐらい、たまたま日中カーテンの向こうにいるこはに、カーテンをめくって「ばっ!」って言うのを繰り返してたら、こはは自らカーテンをめくって「だっ!」って言うようになった。その動作をするときの満足げな顔と言ったら!

そして夜に夫がいないいないばぁの本を読んであげていると、「いないいないばぁ」って言うところで一緒に「だっ!」と言うようになった。

その後も夫がページをめくるたび「だっ!」

自分でページをめくったり戻したりしながら「だっ!」

それ以降、いないいないばぁをすると「だっ!」「だっ!」

「だっ!」のときのこははすごく嬉しそうに満々の笑み。

おもしろいね。

噛み癖

手加減を知らないこはは私に本気で噛みついてくる。

耳、ほっぺ、肩、首、二の腕、太もも、手の指などなど。

歯型ががっちり付くし、皮がめくれたり内出血することもある。

その都度叱ってもほぼ毎日続く。

今日は右手の親指をぎゅーーーっと噛まれた。片手がふさがっていてはがせない!

やっとの思いで放して、そんなに歯が痒ければ、これを噛めばって言ってバケットの端っこを切って渡す。

こはは痒いところに手が届いたのか、夢中であむあむあむとパンを噛む。

パンがぼろぼろになるまで噛みつくして多少気が済んだらしい。

でも歯が気持ち悪いだけじゃなくて、私ばかり集中的に噛まれるので、甘えて噛んでるのでは?とも言われる。

唯一の救いはおっぱいを噛まないところ。母は「こはなりにこれは大事と思ってるのかも」と。確かにたまにおっぱいを飲む前に、眺めては嬉しげに笑ってたりする。

これからの必需品になるのかな、バケット。

ネコが手を貸す②、③

ここのところおむつ替えを激しく拒否するこは。

うに~っと唸りながら、腰をぐんと浮かせて勢い付けて、ばーんとキックしてくる。

こういうときは、おもちゃでごまかすと「おむつ替えでぐずる=おもちゃをもらえる」と考えるようになるのでけじめをつけた方がいいらしい。間違った考えをされては困るので、そこは甘やかさずに頑張る。たまたま視界に入ったおしり拭きで遊ばれることはよくあるけど。

今日も激しいキックを受けていると、遠くからネルが近づいて来て、仰向けになったこはの顔をぐんと覗き込んだ。こは、ぐずりをやめてぴたりと大人しくなる。

今日もネルに助けてもらった。

そんな頑固者のこははもう少しでつかまり立ちができそう。

支えになるちょうどいい高さのものがあると、掴まって踏んばる。

ソファに掴まって、その上にいるネル見たさにかなりいいところまでつかまり立ちの練習。何回も何回も。

足をうまいこと抜いて、足の裏をしっかり地面につけるのが難しいらしい。

ぴくぴくしながら頑張るけど、立て膝の姿勢になるのがやっと。ついに私に助けを求めて「立たせて~」とぐずぐず。

立たせてあげるとしっかりたっちして、嬉しげにネルを見てにこにこ。

しばらく立ってたけど、ネルを触りたいのか疲れたのか、上半身をソファに倒す。

顔を叩いたらいけないと分かっているけど、触られるうざったさに我慢しきれなかったのか、頭が見えた瞬間、ネルが爪は立てずに、こはの頭の上に手を置く。叩いているよう。でもよく頑張ったと誉めている姿にも見えなくはない。

何回もその動作を繰り返す1人と1匹。

ヒートアップしても困るので、ネルにやめさせる。

『わたしのワンピース』

昔、絵本を読んでもらうことはそんなに好きではなかった。でも「かちかちやま」と「わたしのワンピース」は“この本を持っていた”という強い記憶が残っている。

「かちかちやま」では泥船が沈んで行くところが印象的だったので覚えているんだと思う。

「わたしのワンピース」は絵が地味で覚えている。読んでもらいながら、自分で眺めながら、なんとなく陰気なうさぎの絵に見えて仕方なかった。大人が見るとそれはそれでかわいいけど、子供が求めるかわいさがないような。地味なうさぎの本だったから返って印象深い。

大人になるとどちらもどこかに行ってしまった。

「かちかちやま」は古本屋で、「わたしのワンピース」は本屋で見付けて懐かしくて買った。

さほど気に入っていたわけでもないけれど、印象深い本。また手元に置いて、自分の子供に読むことになろうとは。

あともうひとつ「ブータン いまなんじ?」はたまたま近くの小学校の前に捨てられてるのを見て思わず拾った。

小さい頃は、人形を写真にとって作ったような絵本がたくさんあったような気がする。あれ、好きやったのに見かけへんなぁ。今もあればこはに読んであげるのに。

『あそびましょ』

子どもは大人のすることをよく見ているもので、私たちがよく手を伸ばすものに興味を示す。リモコン、携帯電話、パソコン、本。

どれもこれもこはの遊び道具。

昨日夫が買って来てくれた「yom yom」。かわいいパンダの表紙で、ぱらぱら読もうとすると横取りされた。

ばっさばっさ振り回し、表紙はぐちゃぐちゃ。

仕方ないけど、出来たら破かないでほしい…。破くなら関西ウォーカーの古いやつにして!

そこで「こはちゃん、ご本読んであげようか」と背後から声を掛ける。

くるっと振り向いたこはは、にこーーっ!

パンダの、こはに今読んであげるような類の本は思い当たらないので、似たところでクマの出てくるのを選ぶ。

「あそびましょ」という絵本。

赤ちゃん絵本らしいけど、こんなぼやっとした絵で赤ちゃんは喜ぶのかな?と思いながらもこはの前に開く。

読み進めると、こははとっても嬉しそう。にこにこしてるし、興奮気味にページをぱしぱし!

クマが左ページに出てきて、右ページには文章と女の子。左ページばかり見て、女の子には気付いてないっぽい。でも喜んでくれてよかった。

こはのお気に入りばっかり繰り返し読んでたけど、いろんな絵本を読んであげようっと。

ネコが手を貸す

今朝の明け方ごろから、ぐずぐずのこは。

寝苦しいのか目が開いてないのにぐじゅぐじゅ泣く。起きても抱っこしてないと泣く。黙って抱っこされてくれるならいいけど、ちょっと座って抱くとぎゃ~とキックしながら怒る。

そんな調子で数時間。ちょっとくたびれたのでこはを座らせる。

やっぱりお怒りモード!うわーーーーん!と大泣き。

後追いはするものの、こんなぐじゅぐじゅっぷりは珍しい。

遠くから見てたネルがすーっと近付いて来て、こはの前に座る。

こははネルが好きだけど、いつも素っ気なくされてる。だから近くに来たのがうれしいのか、泣きやんでネルをこねくり回す。

ネルは目を細くして忍!

背中の毛をむしられようとも、頭を抑えつけられようともじっとしてた。

こははすっかり機嫌を直してお昼寝。

ネル、こはのぐずりっぷりを見るに見かねた?

昨夜夫が「たまにはこはちゃんと遊んであげてよ~」と言い聞かせてたのがわかった?

は~、助かった。

おっちゃん?

相変わらずこははおしゃべり。

しょっちゅうふにゃふにゃ喋ったり、急にあーー!とか、おーーー!とか、はっ!とか叫んだりもする。

よく「ぱっぱ、ぱっぱ」とかも言う。「呼んでるよ」と言うと、お父さんと呼ばせると言いながらもにやける夫。

「こはちゃーん、だいすきよ」と言いながら「だいすきよ」の時にこはの鼻の頭をつんと触って遊ぶ。何となく嬉しいことを言っていることは分かっているよう。にこっと笑って私の鼻の頭を人差し指でつんとして「だ!だ!」と言ってくれた。

何をどこまでわかっているのかは分からない。たまたま何か言っているように聞こえるだけかもしれない。

最近は私のかばんの中身を出すのも大好きで、キーケースも財布もハンカチも引っくり返す。お昼に通帳を掴んで振ってたので「こはちゃん!何してるの!」と声を掛けるとすかさず「やっばーい」。…たまたまでしょう。

そして仕事から帰って寛いでいる夫をじーっと見てこはが放った言葉は「おっちゃん」。

私は何も教えてないよ。これもたまたまやろうけど、おっちゃんって…。どうせならとっちゃんとか言ってあげればよかったのにねぇ。

とにかく気ままなおしゃべりはたくさん周りの大人を笑わせてくれる。

光ぐらい大きくなってしっかり喋るようになれば、言わないでほしいこともぺらぺら喋って大変らしいけど。でも完全に関西弁で喋るこは、おもしろいと思う。

はじめてのプール

こはのマイブームはお水に手を浸けること。そしてちゃぱちゃぱすること。

困ったことに、ヨルとネルの飲む水で遊ぶ。かなりスムーズにずりばい出来るようになったのはいいけど、気付くとお水に手を浸ける寸前、あるいはぺちゃぺちゃ音に気付いて見てみると時すでに遅し…ということが1日に数度ある。

その度に洗面台に座らせて、両腕ざばざば。

今朝起きると寝室の隣の部屋からベランダを眺めていたし、油断できない。よく隣の部屋まで転がって行ってることは知ってたけど、布団からこはの姿が一切見えないからどこに行っちゃったのかと思った。本当にお転婆。

今日は薬缶1杯分の麦茶がこぼれたのを片付けるうちにも、お決まりのお水遊びをやられた。ヨルネルのお水入れはこはに振り回され、部屋が2か所も水浸し…。

そんなにお水が好きで触りたいなら、目一杯触ればいいじゃない!と言いながらビニールプールを出してやる。こはのために先日ホームセンターで購入。

とりあえず初めてやし、びっくりするかもと思ってお風呂場で温水プール。

5cmぐらい水を張ったプールにこはを入れる。

泣くどころか超ごきげん!

水面をひたすら叩いて、顔に水を浴びようとがんがん続ける。写真を撮ってもぶれちゃうぐらい動き回るのでビデオも撮る。

かろうじて撮れた写真は、すごい真剣に遊んでて、真顔で楽しそうかわからないような表情。あの様子を見ていれば夢中で遊んだことはわかるんやけど。

水遊びを終えたこははしばらくしてぐっすりお昼寝。

今度はお庭にプール出して遊べたら楽しいかな?

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ