« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

土へ還す

今日、もう昨日か、マメを土に還した。

マメは私が高校生~大学4年生まで一緒に暮らした犬。かっこよく、人間みたいに表情がコロコロ変わって、凶暴なところもあったけど、すごーく大好きだった犬。

いっぱい喋ったり、歩いたりしたなぁ。あんまりにも早く逝ってしまったけど。

骨のままでは成仏できないから、土に還してあげないといけないって聞いてたし、こちらの都合でマメが成仏する足止めをしているようで手元に置いてあることを気になってたけど、やっと還すべき場所、還すべき時が巡って来てくれたよう。

マメの命日に、マメがいちばん好きやった父が、マメが大好きやった家の庭と堤防にお骨を埋めてくれた。

今もやっぱり切ないけど、ほんとによかった。

お庭から、お空から、私たちを見ててね。でも、よっくんは怖がりなので吠えないであげてね。

忍び寄る

四つん這いで忍び寄ってくる影。ヨルかネルかこは。

誰なのかは大体足音と鼻息でわかる。

ネルなら無音、もしくは鈴の音。

ヨルならシュタタタ…みたいな音。

こはならぱちん、ぺたぺた、ぱちん…と同時にはっはっという息遣い。

これが何もしていなくて聞こえるときならいいけど、水道を使ってたりして音が聞こえず、何も察知していない時に足元に影が来ていた時ははっとする。ヨルかネルならちょっとほっとしたりもする。

というのも、こははこちらの手が離せない時に水場に来ては困ることをしたりするので。

ヨルネルのお水で遊ぶのはやめなさい!

見極め

こはが眠るとき、添い寝する。

もう寝た?と様子窺いつつ。

完全に眠りに落ちそうな時、こははくるりと寝返りを打って私に背を向ける。

やっぱりもうちょっとっていう時は再びこちら向きに寝返る。本気寝に突入の際はそのまますぴーっと眠る。

なんかおもしろい。

けど、またこちらを向くのかどうか、ちょっとひやひやする。

鼻歌

こはが喋っているのではなく、リズムをとるように声を出していることに気付いた。

なんか、鼻歌でも歌ってるみたい。ちぐはぐな歌やけど。

クレヨンを持たせて新聞紙の上に座らせ、画用紙にお絵かき?させていたときも、大人には真似できない陽気な歌を歌いながらなぐり書き。クレヨンを箱ごとひっくり返しで投げて満足げ。

何かしながら、ぼーっとしながらのその歌声に気付いた時は何だか和む。

似て非なるもの

光がひらがなを書けるようになってきた。

「ひ」と「か」と「る」は書き順がぐちゃぐちゃながらもマスターした。あとは妹の名前も。ただし文字は上から下へ、とかいうルールがまだ分からないらしく、「るかひ」という謎のことばが綴られていることもしばしば。

妹の家に行くと、冷蔵庫に光が妹にあてた手紙(色紙に妹の名前とハートマークがいっぱい書いてあるものなど)がいっぱい貼ってある。

妹の名前と光の名前に使われている文字を使えば、私の名前も書けるので、う~ん…としばらく考えて「みか」と書いてくれる。

傍らで見ていたこはの名前も書いてあげたいと思ったらしく、でも「こ」と「は」が分からんと言って、妹にお手本を書かせる。それを見よう見まねで「い」と書く光。惜しい!それは「い」!と言って教えると、上手に「こ」を書いた。

「こ」が書けるようになって、光はまたお手本を見て真剣に文字を書く。

画用紙を見ると「こほる」と。

惜しい!「こ」はもう理解したし、「る」は光の「る」でお手の物。次は「は」を覚えよう。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ