« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

忍者めし

コンビニで発見したグミ。かつお梅味。

買うかどうか迷ったけど、夫に買ってもらう。

ちょっとパッケージが恥ずかしい。でも食べてみてお気に入りに。

仕事中、だいたい11時ぐらいにおなかが空いてくる。午前中にある程度やるべきことを片付けて、遅い目にお昼休憩を取り、午後はあと2時間ちょっとで帰れるし、がんばろ~という時間配分が好きなので休憩まではあと2時間半ぐらい。

病院内でも1,2を争うぐらいの密室具合なので、多分多少間食しても誰も気づかない。でも時々急に、その密室と密室外をつなぐ小窓(私のすぐ隣にある)を勢いよく開けられたりする。それにものすごく忙しげに走りでてくる看護師さんや、手術中の医師、患者さんにも申し訳ない気がするしで、そう堂々とという訳にも、気分的にいかない。

そんなときには忍者めし。

小粒のハードグミは、忍者のように?食べていることが人には分かりづらい気がする。

仕事開始から2時間超、欠けてきた集中力もなんとなくアップする。午前中仕事の私の必需品になってきつつある。

梅以外にも確かレモンとぶどうの味もあったような。デスクワークのみなさんにおすすめ。いや、そもそも普通の会社はもっと堂々とコーヒー飲んだりおやつ食べたりするんやろうか。

そんな必需の忍者めしを落としたのか無くしちゃった。すかさずまた夫に買ってもらう。

あーとう

こはがまた新たなことを覚えた。

それは「あーとう」=ありがとう。

「あーとう」と言うと、ぺこりと頭を下げる。

先日、運動会で頑張ったからと、母がこはにマラカスとヘアゴムセットを買ってくれた。

こはに「あーとう は?」と言うと、床に頭が付きそうなほど何度もぺこりぺこり。

あんまりにも繰り返すから、母が「もういいよ、わかったよ」と止めるぐらいぺこぺこし続ける。

こはがぺこりとする姿が愛らしくて、いつもこはがぺこりとすると、私も夫もぺこりと返し、そうするとこはがぺこり、そして私たちがぺこり、またこはが…というのをつい繰り返してしまうからかな?いつもぺこりは一度で止まらず、何度も何度も繰り返される。

あーとうと同じく、こんにちはでも何回もぺこぺこするこは。

1回につき1ぺこりでいいから、おはようございます、さようならでもぺこりが出来るようになるといいね。

焼きそば!

こはは焼きそば好きらしい。

夫がめずらしく作った晩ごはんが焼きそばで、こはは塩焼きそばでいただきます。

「はやくはやく!」と催促するので、急いで冷まして食べさせると興奮気味。

歩行器であちこち歩いて行きながら「もっとちょうだい」

週末に行った長岡天満宮でのフリーマーケットに焼きそば屋さんが来てて、買って食べる。ちょっとぐらいならこはも食べるかとすすめてみる。思ったより勢いよく食べる。はやくはやく!もっとちょうだい!と言わんばかり。

その後こはは歩きたいモードに入って、ベビーカーを押して境内をぐるぐる歩き回り、フリーマーケットの会場も何周もぐるぐると歩く。ひたすら足元を見て歩いてるなと遠目で確認。こはの付き添いは夫に任せて、私は布を売っているお店で物色。

かなり長い間、どの布を買うか迷っていたらへとへとの夫がこはに付き添いながらやって来る。もう早く決めてと。

ずっと止まらず歩いてるけど、ちらっとこはが目を向けたものがあって、その一つがリヤカーらしい。新しい押すものやと思ったのか、リヤカーを引く人を同志と思ったのかは知らないけれど。

そしてこはが立ち止って見つめるもう一つが焼きそば屋台。何往復もするのに、その度に屋台の前で立ち止まってはじっと見つめ、おじさんに「へい、らっしゃい!」とその都度言われると。夫は中腰での付き添いに疲れたのと共に、その一連の流れを何回も繰り返すのが恥ずかしかったらしい。

好きな物はたくさんあげたいけど、もうたくさん食べたしまた今度ね!

境内を抜ける前にもう一度焼きそば屋台の前を通ると、こははやっぱり立ち止っておじさん(というかそば?)を見遣る。おじさんは「へい、らっしゃい!」

確かにこれを何回も繰り返すのは恥ずかしい。でも笑える。

今晩はようやく体調が戻ってきたこはのために塩焼きそばをつくる。焼きそばブーメランを振り回す彼女。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ