« このごろの成長 | トップページ | 絵本好き »

うーちゃんの旅立ち

先週の休みの日、会ったことのない私のおじいちゃんの命日に、母の携帯に「うーが亡くなりました」とメールが届いた。

うーちゃんはYちゃんの家のうさぎで、10歳4カ月と、うさぎにしては高齢やった。

うーちゃんをペットショップから買ってきたのはYちゃんで、私もその頃からうーちゃんのことは知っている。「ほんまは真っ白のがよかったけど、グレーの子しかおらんかった」「うーはアホやから」とか言われながらも、家族の中の末娘みたいにかわいがられてた。

Yちゃんとは家族ぐるみで仲が良く、私のところにはなんの連絡もこなかったけど、Yちゃんのお母さんが私の母に連絡をしてくれたのと、たまたま私の仕事が休みの日やったことが重なって、ちゃんとお別れをしに行くことができた。

お花を持って、こはとYちゃんの家を訪ねると、お父さん以外は揃ってた。久しぶりに会うのもあってか、ごく普通に遊びにいったときのような雰囲気で迎えてくれた。

少し挨拶を交わして、近況報告をしてから「うーちゃんは?」と聞くと初めて「奥の部屋にいるよ」と案内してくれた。

うーちゃんは横たわっていたけれど、今にもいつもみたいにぴょんぴょん飛び跳ねそうな感じやった。おばちゃんが「こはちゃん、うー見たらこわがらへんかな?」って言ったから、苦しんだ感じで亡くなってるのかと思ったけど、いつも通りのかわいい様子。だいぶ痩せちゃってたけど。。こはもうーちゃんをじーっと見てた。

4か月前に骨折して、そこから体調をくずしてはいたけど、元気に暮らしてたみたい。でも前日に急に具合が悪くなって、亡くなってしまったらしい。肺に水がたまって、老衰もあってって。

昔うちにいた柴犬のマメは、ヘルニアから少しずつ体をこわしていって、リハビリもしていやな治療にも耐えたけど、がんばってがんばってしんどい思いをしたから、あんまり長いこと苦しまなくて済んで、うーちゃんはよかったのかも知れない。もっともマメは若い犬でうーちゃんはおばあちゃんうさぎやったから、体が耐えられる限界が違ったんやとは思うけど。

Yちゃん一家は、こはのことについてはいろいろ話したけど、うーちゃんのことはあんまり話さなかった。

Yちゃんに「仕事休めたんや」って言うと「うん、怒られた」ってぽそっと言った。

なんだかうーちゃんのことを話さない分、心の穴は大きいんやろうなぁと思えた。

普通の日を過ごしてるような雰囲気さえ漂う中でしばらく過ごし、最期のお別れまでゆっくり家族だけの時間を過ごせるように見計らってお暇することにした。

おばちゃんが「うーはお友達もおらんかったから、向こうではちゃんと挨拶してお友達つくりやって言ってるねん」「お盆に帰ってくるのに、迷子にならんように、お棺に入れる家族の写真の裏に住所書いてん」と言ってちょっと笑った。

マメも友達がいなかったけど、うーちゃんのことお迎えにきてるかも、とかマメの写真には住所書き忘れたけど、犬の帰巣本能で帰ってこれてるかな?とかいいつつ、最期の最期のお別れを言った。

動物は早く歳を取るから切ないけど、でもうーちゃんはしあわせやったのがわかる。

« このごろの成長 | トップページ | 絵本好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156531/33535961

この記事へのトラックバック一覧です: うーちゃんの旅立ち:

« このごろの成長 | トップページ | 絵本好き »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ