« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

お風呂タイム

こはが生まれて退院してから殆ど毎日私がこはをお風呂に入れてきた。

お風呂は好きなようで、あまり嫌がったりしない。

まるいおなかもお尻もせっけんの泡をのせた手のひらで洗う。この頃は泡が楽しいようでこはの手のひらにも乗せてあげる。

自分で体を洗うこはをほめてあげる。次から次へと泡をちょうだいとせがんでくる。


日曜日、急にこはが私の背中を洗ってくれた。私がこはにするのと同じように、小さな手でくるくるくるくる。

たのしかったのか、きゃはきゃは笑ってた。「うわー!ありがとう!」と喜んで、流してふたりでお風呂からあがる。うれしい出来事はすぐに夫に報告。


せっけんで体を洗ったあと、最近使いだしたリンスインシャンプーで仕上げ洗いをするのはまあ好きなようにさせとこう。

的を得る

このごろ、こはが機嫌がいい時が多い。

これは体調がいいのはもちろんやけど、言葉でわかりあえることが増えたからでは?と考える。

何かをこはが欲してるとき、指さしたり、何かそれらしいことを言ったりするのと、今までの経験で大体なんのことかわかる。

「~~なの?」と聞いてみる。違ったら首を横にぶんぶん。

最近は外れても、数回なら許してくれるようになった。

そしてこはの言わんとすることを言い当てると、とっても嬉しそうに「うんっ!」と言ってにこにこ。

その「うんっ!」が好きでこちらもそうかぁ~とうれしくなる。

叱られこは

怒られているということがわかる。これはなかなか大きな一歩。

こはが悪いことをして叱る。

私が叱ると、こははショックを受けて?ものすごく泣く。それはもう、新生児のときから変わらぬ泣き顔で思いっきり。


「〜〜は○○やから、だめなの!わかった?」と聞くと、口を尖らせて、うつむき加減にこちらを見ながら、そろ〜っと手をあげるときもある。

その仕草、表情にきゅんとしながらも、だめなものはだめよと教える。


人間はなんてたくさんのことを教えてもらって大きくなるのと考える。


だけど大きくなってからじゃあ遅いから、怒られるのも怒るのもお互いいややけど仕方ないね。


職業上、大人になっても常識を知らない人を見る機会も多い。あんな風な大人にさせるわけにはいかない。家族として関わっていくのは無理。

もう ここまで育っちゃったら今更しつけ直すのは不可能だわと思う。

そうやって 他人なら放っておけるけど親子やからそうはいかない。


泣かせたり、しょんぼりさせたりしながらもこれはたぶん愛情なのよ。

寝起きの舞い

とにかくこはは歌と踊りが大好きで、びっくりするぐらい歌える。

夫なんかは絶好の踊りのパートナーらしく、こはに任命されて数時間踊ることもあるという。。

朝、ちょっとぐずってもその曲が流れると、こはが踊りだしてしまうお気に入りがある。

「にほんごであそぼ」の早口瓦版の曲。

忙しく動き回っていて、こはは何してるかな?と見てみると、本気で踊ってる。

多分おおたか静流が歌い、ラッキー池田の振り付けで、おかしな衣装の大人と子供が踊る。

♪はぁ~ はやおき~ だ~から~…とかそんな曲。

下から静かに何かを持ちあげるような振りで真剣に踊るこは。どこかのお祭りの踊りみたい。

それは忙しい朝の、私のちょっとした癒し。

今度録画してもらって、いつでもあの舞いを見られるようにしてもらおう。

こはの語彙力

このごろ、こはの語彙が増えたな~と実感することがたびたびある。

とにかくこちらの言っていることは、まずわかっている。ただ自分が操れないだけでわかってはいる。だからうかつなことは言えない。言っちゃうけど。

テレビで「~~の花~♪」とかいう歌が流れた時、こはは人差指で自分の鼻を力いっぱい押さえた。そう、確かにそれはハナ。

得意げなこはを前に「それは別のハナ」と言う夫は冷静なのか何なのか。

そしてとっても嫌がる歯磨きの仕上げ磨き。「いーや!」とか言われても無理やり磨く。

そうすると激しく抵抗しながらも、歌い出すこは。

「イーアイ、イーアイ、オー!」「イーアイ、イーアイ、オー!」ゆかいなまきば連発!

これはもしや、「いや」と「イーアイ~」が似ていると気付いてのこと?

感心しながらも鬼のように歯を磨く。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ