« あたしの作品 | トップページ | あこがれのパンプス »

6針

こはも寝付いて、お湯を沸かしてお茶を入れようという頃。

ほっと一息の前にやっちゃおうと、たまった洗い物をする。

ぱりーんとグラスが割れるのと、痛いと思ったのは同時。怪我しちゃった!

どれぐらい切れたのか観察してみると、結構切れてるっぽい。次々出血するので大きさは定かじゃないけど。

とりあえず緊急事態を夫に伝えるべく、たいへんたいへんと言ってみる。

駆け寄る夫、なんかあたふたしてる。

結構切れてるんかというので、結構切れてると答える。

あわあわティッシュで押さえろ、タオルで押さえろ、消毒薬はどこだ、OO病院に行くか、XX病院に行くかといろいろ大慌ての夫。

とりあえず、そんな傷口に繊維の残りそうなものはいや!と絆創膏を出してもらって傷を覆ってタオルで圧迫する。指は動くから神経は大丈夫そうやけど、これは縫ってもらわないといけないかも…という考えが脳裏をかすめる。いやー!

なんにしても電話してから救急にかかるから、ネットで電話番号調べてと言うけど、夫に「とりあえず行き!」と言って上着を着せられ、送り出される。

ぶかぶかの上着に手をタオルでぐるぐる巻いた怪しい恰好で救急へ。

「電話もせず来てしまってすみません」と謝りながら受け付け。しばらく待合でぼーーっと待つ。本でも持ってくればよかったと考えるうちに呼ばれて、てきぱきした看護師さんと美人外科医のもとへ行く。

「縫いますね~」と軽い調子で言われ、緊張する間もなくベットに寝かされ局所麻酔剤を打たれてちくちく。

感触がなんとなく伝わってきて気持ち悪い。

暇そうな内科医が手伝うことありますか~と足元をうろうろ。「ない!」と切り捨てられどこかへ去っていく。

毎日毎日手術を受ける人たちの近くで働いてるけど、自分がこういう目に遭うとはとか、お腹を切られることを思えば、指を縫ってもらうことぐらい大した恐怖じゃないんやろうなぁとか考えたりする。目線はそちらに合わせずに、縫うのも、一針縫っては結ぶのか~とか、あとどれぐらい縫うのかな~と考えてるうちに終わった。

ぐるんぐるん巻きに包帯を巻いてもらって帰宅。

途中チョコレートと、ビニール手袋、ビニール袋とヘアゴムを買って帰る。

手袋が出来ない状態やから、ビニール袋に手を入れてお風呂に入ると、ふざけた夫に「コブラみたい!」と言われる。は?コブラ?

コブラというとあの蛇しか知らない私には何のことやら。翌日ネットでわざわざ見せてくれたけど、手が銃かなんかになってる人のアニメらしい。馬鹿らしい!主題歌なんか歌ってる場合か!

いちばんに頭をよぎったのは、治るまでこはのお世話しにくくなるなぁということやけど、家事も水を使うものはできず夫任せ。ひさびさに洗濯や炊事をしてもらう。すんませんねぇ。2~3日目にして、疲れたみたいやけど。

こはは包帯ぐるんぐるんを見て「これは~?」と聞いてくるので「いたいいたいの」と答える。「おちゃあちゃん(おかあさん)、てって(手)、いたいいたい」と連発。こははすぐ忘れていつも通り無茶しようとするので、すんでのところで止めて「おてて痛いからやめて」と言うと、ときどき労わってくれる。

昨日初めて傷口を見たら、6針も縫ってあった。

職場では、髪をばっさり切っての初出勤やったから、髪切ったことばっかり指摘されて、包帯巻いてても意外とみんな気付かずでかえってびっくりした。

気付いた人は「触れたらいけないことかと思いました~」(それってどんなこと?)とか、「お~、旦那に殴られたか、かわいそうに、DVや!」とか一番多いのは当然「どうしたん!?」やったけど。会う人会う人に髪切っただ手を切っただと言われたり説明したり、ちょっと疲れた。

わざわざなのかなんなのか、黒い糸で縫われてあるのが気持ち悪い。抜糸しやすいため?なんか、フランケンシュタインみたいな縫いあと。うーむ。。

« あたしの作品 | トップページ | あこがれのパンプス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156531/37712085

この記事へのトラックバック一覧です: 6針:

« あたしの作品 | トップページ | あこがれのパンプス »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ