« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年2月

適当に

適当に
完成!

測ったり線引いたり切ったり、嫌いやけどなんとなくできた。

こはの保育園の連絡帳カバーと、私のポーチ。


こはのはアンパンマンのが汚れてきたから、連絡帳の更新に合わせて。

私のは色々見て回っても、素材・大きさ・模様などなかなか気に入ったのがないのでつくってみた。でもファスナーつけるの面倒やからボタン留めで。なんか、こんなんが欲しかったわけじゃないけど…。もう眠いしいいか。

下のピンクの水玉はポーチの裏地に使ったのと同じ。

集団

通勤中、奇妙な一団を見かけた。


スーツケースを転がしているけれど、各々のスーツケースには年期の入った腹話術の人形がベルトでくくられている。スーツケースの上にシートベルトをつけて座っているような格好の人形たち。


はじめは一体の人形しか見えず、なにか悲しい過去でも持つ人が人形を連れ歩いてるのかと思った。

よく見れば、人混みの中に、スーツケース+腹話術人形の人たちが散り散りに歩いてた。


ごく普通の男の子、睫毛の長い女の子、阪神タイガースのユニフォームを着た男の子…他にも何体かの人形たちがいる。


世間にはそんなに腹話術をする人がいるのかという驚きと、その光景のシュールさと、私と同じく彼らに驚く人々の反応に笑えてきた。


彼らの手にする印刷物を見る限り、職業としての腹話術集団でなく、腹話術を趣味とする人の集団らしい。

訂正

夫いわく、みちたでなく「ウィチタ」らしい。

こはも「うぃちてない」と答えるらしい。


そして小さな町じゃなく、なんとか州の大きな都市らしい。

私はみちたかウィチタか、それを重要視しているわけじゃないんやけど、わざわざ洗濯物を干してる私を呼びつけてまで訂正し、インターネットで調べたウィチタを見せてくる人がいるので訂正しておく。

みちた?

夫は意味不明の言動が多い。

こはが真似たらと思うと、心配せざるを得ない。意味不明のことを言いながら踊り狂うような人間になりかねない。

あんまり度が過ぎるときは夫に注意するけれど、毎回のそれに注意するとなると私と夫の会話はそればっかりになると思われる。

最近夫がよくこはに聞くのは「みちた?」

傍で聞く私にも「?」な言葉。なにが?満ち足りてると聞いてるのか?

こはは毎日、毎回「みちてない」と答える。

これは2人の会話が成り立ってるのか、それともこはが夫をあしらっているのか不明。

夫と2人で話している時、夫自身どういう意味かわからず「みちた?」と言っていることが発覚。「アメリカの小さな町やで」と。なんなのそれ。どうしてそれが疑問文に成り得ているのかも私には不明。

なんでもまねっこ

家事全般、こははなんでも真似したいよう。

食器を洗っていると足元に立ち「ふわふわ ちょうだい」

泡だらけのスポンジをくれと催促。あんまりにもうるさいから、新品のスポンジとプラスチックのお皿を渡す。

そうするとそれらしいことをやって、泡立たないもんやから「できない!」と苛立ち始める。

「うわっ!!めっちゃ上手!」と大げさに驚いたり、「お父ちゃんにも見せたげて!」と気をそらせたり。

その都度時間かかるけど、ちょっと待ってと言えばほんのちょっとは猶予が持てるようになったのでまだ楽。日本語の意味を介さない頃は、今よりよくいらいらしていたもんやった。

しかし夫は掃除機がけの時「ちょびちゃん(ぬいぐるみ)がこわがるから、抱っこしてあげてて」と言うと掃除機を取りに来ないと言うけれど、私がする時にはそれは効かないよう。めっちゃ奪い合いになるし、サポートしたら離せと言うし、こは一人では操作しきれずに怒り出すし。これはめんどくさい。

今朝はお弁当を作ってると、やってきて「お弁当箱どこ行ったかな?」と言って探し物をする私に「あったの?」→「あ、あったよ」「おかたづけ してたの?」という会話ののち、しげしげとお弁当を眺める。

ちゃんと会話が成り立つようになったなぁ…と思ってたら「おとうちゃん おべんとう、おかあちゃん おべんとう」と言ってるので「こはもいる?」と聞いてみる。

「うん!」と張り切って返事してくれたので、小さいかわいいタッパーに入れてあげる。

私が出勤する前までは「食べる?」って聞いても、時々中身を見て満足するだけやったけど、夫に食べさせてもらったようで半分食べてあった。

そのほかにも、洗濯干しを手伝って?くれたときも嬉しげやったし、毎日ちょっとした掃き掃除もしてくれる。

日常のそういってことを手伝ってくれると、本人は手伝ってるつもりでも余計時間も手間もかかるけれども、可能な限り、好奇心の芽を摘まないようにしないと。そして今後ちょっとでも楽させてもらえたらいいんやけど。。それはまあ、あんまり期待しないでおこう。

おしりかじり虫効果

おむつなんか穿かない!アンパンマンのズボンじゃなきゃいや!お雛様のズボンじゃなきゃいや!

そんなもん持ってないし、穿かせても脱ぐし。

そんな時は真顔で怯えた風に「あっ!!おしりかじり虫くるわ!!」と手で口を覆って見せる。

実際にはこははおしりかじり虫を見たことはないけど、すごい焦っておむつもズボンも穿くし、脱がない。

どんな恐ろしいものを想像してるのか知らんけど、実物を見せると今後怖がらなくなる=言うことを聞かなくなる可能性があるのでどんなものか秘密にしておく。

あんまり言うことを聞かないで暴れた時に「おしりかじり虫きたー!!」と言って、むちむちのおしりを噛んでやったのが効いているのか。怒らせたらそんなもんより私の方が怖いってこと、しっかりと胸に刻んどくことやね。

おしりかじり虫

ある晩、隣りで眠るこはを見て息を飲む。

…おしり、丸出しやん!

おむつもパジャマズボンも履いてたはずやのに、いつの間にこんなことに。

急いで被害がないことを確認しておむつ及びズボンを履かせる。

早朝、隣りで眠るこはを見る。

…やっぱりおしり丸出しやし!!

布団もめくれて冷え切ったおしりにおむつとズボンを履かせる。

たぶん、おまるでおしっこできるようになって、濡れたものを身につけるのは不快とわかったよう。

被害がなかったからのんきにしてられるけど、これは止めさせたい。

次の晩に「おしりを出して寝てると、おしりかじり虫が来て、おしりをがじがじ齧るんよ」と教えてあげる。

真剣な表情で怯えるこは。

今のところあの晩以来おしりはガードしたまま眠ってくれている。

眩しい

朝起きてしばらく。眩しいときどうするかわかってきたこは。


電気をつける私より先にソファに走り込み、シートに顔だけ隠れるよう、上半身だけ伏せる。


今日は間に合わなかったようで、ソファの手前のカーペットに寝そべり「バイキンマン…」となにやら要求。


「まぶしいまぶしい」と言うのでやっと、お面を欲しがってるに違いないと思い当たる。お面は肝心の目のところがあいてるんやけどね。


それがわかったのかどうかは不明やけど、急に「おめんいらない」と言ってしかめっ面のこは。

テーマ曲

金曜日の深夜、夫が「今日のテーマ曲は布施明やった」と告白。

仕事が忙しかったのに、♪あああああああ君は~~~と何回も歌われて困ったとのこと。

確かに1日の中で何回も頭の中で流れる音楽ってある。

けど、なんでその歌?

私はこはと一緒に朝のNHKを観ることが多いから、その日のテーマはそういうのになりがち。

夫が布施明に悩まされてる頃、私の頭の中では「にほんごであそぼ」の「呼び声」が何回もこだましていたよ。

テーマ曲がある日もあれば、ない日もあるけど、意味不明のしつこいやつ(ちょうど夫の場合のような)は嫌やなぁ。不意に口をついて出ても嫌やし。

夫の深夜の告白に、妙に受けてしまい、布施明ってデーブ・スぺクターに似てるねというどうでもいい話なんかをする。

媚びる②

媚びる②
…というか、私たちの入籍記念日に買ったケーキ。


もっときれいなおいしそうなのはあったけど、これはこはが喜びそう!とこれにする。


かわいくて「たべれない」と言ったこはやけど、食べるときは目元からぐさり。

媚びる

媚びる
今週前半 機嫌の悪かったこは。

ごはんもいまいち進まず。


大好きなアンパンマンを利用してみる。

延々続けてた車づくり(ソファにタオルケットやなんやらを積んでいく遊び。こはの中で大ブーム中)をようやく止めて食卓にやってくる。

反応としては、まあまあ。まず迷わずアンパンマンおにぎりを食べ、人参ナムルとお肉はよく食べた。こはには葉っぱともやしはいまいちやったみたい。

疑惑

こはと一緒にお風呂に入り、あとは浴槽であったまるだけというタイミングで、夫がいるときは「いつでもどうぞ~」と言うのが決まり。

それを合図に夫もお風呂に入る。

小さい声で「せーの!」と掛け声して「いつでも~~」と言う。

昨日は2-3回呼んでも夫の返事が2人して聞こえず、「あれ?」「あれれ?」というやりとり。

こはが突然「おとうちゃん ねんね してる かな?」と、ややたどたどしいながらも発した。

よく寝る(というか起きれない)夫の性質を知っての発言と思うと笑える。よく見てる。

ようやくお風呂場へやってきた夫にこはの呟きを教えてあげる。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ